伊豆天城吉奈温泉 御宿さか屋 ~ブログ~伊豆のほほんだより

伊豆天城 吉奈温泉 さか屋 伊豆のほほんだより

「2007年01月」の記事一覧

★特別室の楽しみ★2/5〜2/16はおトクなスペシャルディ!

room603_9295.jpg特別室は何が違うんですかとご質問をよく受けます。まず建物は風情ある銘木建築(昭和28年築)の純和室となり、日本庭園を見渡せる2間続き。桑・松・杉など今では入手不可能な逸材を床柱に納め、ゆったりとった広縁には職人の手による昔ながらの籐椅子があります。そこから庭を眺めていると何時間でも過ごせそう。総檜の内風呂では源泉の湯浴みもでき、今ならこたつもございます。もちろん特別室だけの様々な特典が付くので、トータルで考えるとかなりおトク感がありますよ。
派手な造りではありませんが、ゆったりと流れる時間と木のぬくもりを感じることのできるお部屋です。特別室だけはお部屋食のご用意が可能です(2名様まで)。
2/5〜2/16の平日はオトクな価格で泊まれるスペシャルディ!2月は『子宝温泉★応援キャンペーン』と言うことで、期間限定で特別室などいろんなプランがおトクになっています。「子宝」の方も、そうでない方も、早春の天城と源泉100%掛流しの温泉を満喫しにおいで下さい。心からゆったりしたいならぜひ特別室がおススメです
★空室状況はこちらをクリック★

至福の露天風呂付き客室…伊豆の2月はおトクです

room501-furo-2 010.jpg露天風呂付き客室・・・通常私たちもなかなか機会が無いのですが、先日取材があった際、お客様気分でついでに浸かってみました。部屋の明かりを落とし、ゆっくり湯船に浸かると、外気の中に夜空の星が瞬いています。伊豆に露天風呂付き客室は数あれど、特別室の部屋付き露天風呂は大人が横に4人並んで入れるくらいの大きさですからゆったり!檜の肌触りが何とも言えず心地良い。静寂の中落ちる湯の音だけ聞きながら、源泉に身をゆだねていると日頃の疲れも溶けていくよう。暑くなって半身湯船から出していてもぽかぽかと暖かく、これが温泉効果でしょうか。温まって多少けだるくなって、このままおふとんにすべりこめたら「まさに至福・・・」サイコーでしょうね・・・。うーんお客様じゃないのが残念!本気でそこで眠りたいと思いましたが、泣く泣く断念。これが露天風呂付き客室の醍醐味でしょうね〜。
源泉100%掛流しだから、落とす速度で湯温を管理。熱過ぎたり寒過ぎたりしたら、ご遠慮なくフロントにお申し付け下さい。お好みの温度に調整いたします。今回「このお風呂に入ると、もう他の露天風呂付き客室には泊まれない」「一晩中浸かっていた」と言った多くのお客様の気持ちが分かりました。2月は伊豆のシーズン!おトク価格もありますから、ぜひ一度お試しアレ♪
★広々露天風呂付き特別室の空室状況はこちら★

伊豆天城にはほとんど雪が降りません

時々お問い合わせ頂きますが、伊豆はあまり雪が降ることがありません。やはりあたたかい気候のせいでしょうか。年に1度か2度、降ったとしても天城峠周辺がうっすら白くなる程度。これもなかなか美しい光景ですが、実際現地では慣れてないので困ってしまいます。
もし降ったとしたら、まずお客様の足を心配し、次に庭園の古木を心配します。安全を確認したら、きっと「酒樽の湯」に直行!一度やってみたいんです「雪見露天風呂」。あの絶景貸切露天の雪化粧はすごいでしょうね〜(夢ですが)

1月&2月は『子宝温泉★応援キャンペーン』!

sakaya-saseo-boshi-new2.jpg新年になり「今年はそろそろ赤ちゃんも…」と言うカップルもいらっしゃるかと思います。1200年の歴史ある子宝の湯としては『これを心から応援したい!』と言うことで急きょ1月2月『子宝温泉★応援キャンペーン』やります!
まず好評を頂いています「子宝の湯プラン」強力リニューアルします!
①お食事は子宝に効くと言われる食材をアレンジした【子宝料理】をご用意。栄養士でもある女将と料理長が共同で考えた創作会席です
②家庭で簡単に実践できる『子宝料理レシピ』と子宝の湯・吉奈温泉の紹介など手製の『子宝の湯・秘伝の書』をご用意(現在着々と準備中!もう少しお待ち下さい)
③女将が子宝温泉の入浴法などお話します。お声を掛けて下さい
④子宝祈願の古刹「善名寺」のご祈祷手配します(希望者は申請下さい)
⑤お帰りの際、女将が小さなお守りを差し上げます
平日・休日限定の特典として、通常の露天風呂を特別貸切致します※条件有
⑦更に1月&2月は『子宝温泉★応援キャンペーン』「子宝の湯プラン」をなんと通常よりOFF価格に致します。お2人のために私共が出来る限りのバックアップを!
★プラン詳細はこちら★

400年源泉掛流しの湯を守る

orion-IMG_9486.jpg温泉はホントに生物(いきもの且つなまもの)なので日によってご機嫌が変わります。大体は当日の気温、暑い日は熱く寒い日はぬるく。団体旅行が全盛期の頃は「便利なことが善」でしたので循環設備を持ったこともありました。10年前に機械の調子が悪くなり一切辞めてしまいましたが、今ではその方が喜ばれる時代のようです。
しかしそれからが大変です。本来自然のモノを人間様のために操るにはやはり苦労が伴います。温泉供給方式・清掃方法・湯船の工夫等など何倍もの手間をかけて今の泉質を保ちます。大きな湯船は気持ち良いですが、表面積が広ければ広いほど熱は奪われ加温が必要な状況に。それが露天であればなおのこと、滝のように源泉を注いでも、そう簡単に湯温は上がりません。
お客様の声には「露天はぬるすぎて入りたい気分にはなれませんでした」と言うものもありますが、全ての努力をした上での湯温なのです。
循環・加温・加水の一切を排除した源泉100%かけ流しの温泉は、伊豆ではかなり珍しい事だそうです。出来る限りフレッシュな源泉をかけ流しで堪能して頂く為、湯船によっては湯温が40℃前後のものもありますが、どうぞご理解下さい

どろろ・・・気になります

お葬式にも青山斎場まで出掛けたほど、自他共に認める「手塚治虫」大ファンです。これで育ったと言っても過言ではなく、その中でも「どろろ」は一番のお気に入り、百鬼丸のかっこよさがたまりません。水木しげるも好きなので一石二鳥の作品なんですね。手塚治虫&妖怪の夢のコラボですわ♪
当然ながら実写は不可能と思っていました。ちょっとCM見た限りではCG満載で面白そう。百鬼丸=妻夫木ではちょっと物足りないけど、見に行くかもしれません。
養老孟司氏も「手塚作品の中で『どろろ』が一番好き」とは、なんだか理解できる気も…気が合いますねぇ養老センセイ?
公式ブログ【どろログ】
↓ネーミングが?まつりって…
【どろろまつり】

河津桜ももうすぐ!創作会席「天城越え〜さくらづくしの膳」

kawazusakura-1044360.jpg寒風吹きすさぶ2月は桜が恋しくなる頃、伊豆では日本一早いお花見が出来ます。河津桜は人気の伊豆の風物詩となりました。一足先にさくらを見るとなんだかうれしくなりますよね。
そんな気分を盛り上げようと御宿さか屋では毎年大好評★創作会席「天城越え〜さくらづくしの膳」を展開中!桜の香りと彩りをそのまま繊細な創作会席に映しとりました。かにと春だこの「さくらがゆ」は、桜葉を刻み入れた板長懇親の「銀あん」がポイント、身体を内側から暖めます。御宿さか屋名物の「絶品!生桜海老鍋」はもちろん、桜をモチーフに遠州ふぐ・蕪・ふきのとうなど早春の旬を集め、少しずつお召し上がり頂きます。
さくらを見て、食べて、満喫しにお越し下さいね
★空室状況はこちら★

小さな声の感想

御宿さか屋では料理を特に大切にしています。夕食・朝食は宿の楽しみの中で「盛り上がり」のひとつ。創作会席の献立は1〜1ヵ月半に一度変わる為、お客様に料理や地元の食材についてお話するのは、かなり知識が必要です。その為栄養士でもあるウチの女将は一番の専門家、料理のご提供にも直接関わります。
先日上品な初老のご夫婦がお見えになりました。女将がお食事をお運びし、食事処の扉を閉め下がった後、お部屋から「ここは本当に食事が良いわね…」と静かに呟いておいでなのが漏れ聞こえてきたそうです。このようなお言葉は本当にありがたいと女将が申しておりました。帰り際このお客様は女将の手をしっかと握られ帰られました。
また小さな声であったがゆえに、拾いきれないマイナスのご感想もあるでしょう。もしさか屋で分からない事や困った事があったら、ぜひお聞かせ下さい。私共はお客様に楽しんで頂くためにご用意しております。出来る限りその場で解決できるように努力致します。

綺麗どころもお越しです♪長岡芸者衆

geisha-0306-1.jpgお客様のご紹介で「伊豆長岡の綺麗どころ」がやってきました。新春の芸者さんの髷を見て「春が来たなぁ」と感じるのは、私だけでしょうか?1月はやっぱり特別で、髷も立派な正装の芸者衆が見られます。伊豆長岡辺りではよくある光景も、天城では珍しくうきうきして写真を撮らせて貰いました。真ん中の女の子は新顔だそうです。
ご要望でもちろん芸者さんとのお座敷もご用意できますよ!粋な日本の宴会もたまにはおすすめです♪
九美さん(左)のブログ

御宿さか屋は意外とお子様も多いです【宿のこども対応】

子宝の湯として古来から名高い天城吉奈温泉。『子宝お礼参り』の為、渋い山間の宿ですが意外と小さいお子様連れのお客様が多いです。その数たるやかなりの量に及びますが、産まれてすぐはなかなか出かけにくい様で、年齢も生後1年に満たないお子様から小学生まで様々です。
小さな宿ですから以前は様々な問題点もありましたが、今はお子様連れのお客様が過ごしやすいようにいろいろ工夫を致します。①なるべく音の響きにくいお部屋をご用意する②お食事席を独立式、またはお子様連れ同士で組み合わせる③お食事スタイルのご提案(提供に時間のかかる会席ではなく、一気出しに近い大名焼や猪鍋をおすすめする)④家族で貸切できる露天風呂の充実⑤無料お子様グッズ(イス・スリッパ・食器・ベビーバス・電子レンジなどの貸出)⑥食事が安定しない2才までのお子様用フリーミール(無料ミニカレーライス・事前予約)付きプランの提案⑦夜中でも緊急対応できる病院の確保など
「小さくてもひとりの立派なゲスト」それが御宿さか屋の認識です。ずいぶん前から「施設使用料1,050円」を頂いているのも、無料だといざと言う時『保障できない』事例もあるから。これも過去の経験から知りました。
もし何かお困りのことがあれば、事前連絡やその場でぜひご相談下さい。この吉奈温泉で産まれたお子様も含め、当館の大切なお客様を出来る限りの体勢でお迎えします。
※特にお子様のアレルギー食は、コンタミネーションを含め大変対応が難しく、注意が必要です。栄養士(女将)の観点からも完璧な対応が出来かねる為、気にされる方はご持参をお願い致します。

2007年1月
« 12月   2月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
インターネットで宿泊予約ができます。

アーカイブ