伊豆天城吉奈温泉 御宿さか屋 ~ブログ~伊豆のほほんだより

伊豆天城 吉奈温泉 さか屋 伊豆のほほんだより

「2009年09月」の記事一覧

勉強になりました

かなり山の中なのにとても繁盛しているお宿があると、以前から聞いていて一度行ってみたかったのです。じゃあがんばってそこまで行ってみよう!とお休みの1日にトライ!
西山温泉.jpg

最初地図を確認しなかったので、いつも出かけている場所まではとりあえず行かれたのですが、問題はそこから先でした。険しい山の間をくねくねと車で進みます。この土地の主な産業が建築資材の「川砂」らしく、どこでも操業中。ざくざくざくざく川原で掘っています。
西山温泉_0014-1.jpg
ご覧のようにここではもう紅葉が始まっています。私なんて9月の連休で「やっと夏の名残が終わったな」なんて思っていたら、とんでもない。ここのシーズンはあと半月ぐらい先でしょうか。

さらに渓谷の間を縫うように車を走らせます。そろそろかな~なんて思っていたら「この先20km」の看板が!この先20キロ!20メートルではないのね…。そんなに甘くないと思った…。一気に気持ちが落ち込みましたが、奮い立たせて何とか進みます。

DSC_0022.jpg
美しい紅葉を眺めながら、この後「落石注意」の無数の看板やすれ違い出来ない信号付き「細いトンネル」などの関門をひたすら乗り越えて、やっと見えました!
西山温泉_0027.jpg
ちょっと暗い画面だけど、どれくらいの山の中にあるのか分かると思います。この建物が見えたとき、お客様の期待値はMAX!でしょうね。山の中の一筋の希望(?)

この場所で多くのお客様を惹きつけてやまないヒミツはなにか?
お若い支配人さまと、実は社長様自らがお出ましになり、大変親切に館内を案内して下さったのです。社長様が本格的なこだわりを持って建築した日本家屋は木がふんだんに使われ、山の中の宿らしさと繊細さも表されています。

西山温泉_0028.jpg
ごらんのような景色がどのお部屋からも眺められます。まるで水墨画のような山なみ。部屋の前の植栽は紅葉なので、シーズン中はもっときれいかも。

まず温泉が素晴らしい泉質である事。若干の硫黄臭で透明な湯はPH値が高く強アルカリ性で浸かるだけでかなりぬるぬるします。これだけでもかなり効きそう。飲泉も可能で胃腸病・糖尿病などに効果的らしい。部屋の水道に至るまで全て源泉使用という湯量の豊富さ。冷泉が多いこの土地で、奇跡的な52度という温度。西暦700年頃から人々に愛され、52代続いた日本で3番目に古い企業というのも、この温泉ゆえらしいです。

そして社長様の「ここまで来てもらったのだから、出来る限りの接待を」という心意気。これはすごいです。なんと平均年齢27才!若く聡明な接客係りさん達は美人が多いと評判ですし、潔いことに山なのだからと山の素材しか料理に出ません。お部屋での食事にこだわって提供しておいでです。正直これだけの手間をかけると、価格はそれなりに高単価になるでしょう。それでも多くのリピーターが大勢お出かけ下さるようです。裏方ではお客様のCSを向上させる為に、いろんな事に取り組んでおいででした。

何より社長様がとても親切で、お客様の事をまじめに取り組む方なのだと思います。大変勉強になりました。私共はあの規模には到底追いつけませんが、いろいろと学ばせて頂きました。ありがとうございました。

静岡県の地場産品

静岡県庁産業部のマーケティング室からアンケートの協力依頼がありました。「宿でどれだけの地場産品を利用しているか」という内容です。地場産品も地元食材と地元伝統工芸品に分かれます。御宿さか屋は地場素材にこだわった料理を提供しているので、既に食材はほとんど地元のものです。しかし、備品・小物については、あまり意識した事がありませんでした。
↓ 写真は「中伊豆ワイナリー」で売っている地元の八百屋さん手作りのジャム。旨い!
1875-ジャム

静岡県は徳川家康のお膝元であり、最後の将軍が終の棲家とした場所。大河ドラマ「篤姫」でも最後のほうに出てきましたが、江戸とのお国替えで江戸侍達は徳川家に従い静岡にやってきたのです。世の中は戦乱がなく既に侍のお役目も無くなった為、彼らは新しい静岡と言う土地で刀の代わりに、職人仕事に就きました。静岡市は職人の町になったのです。

ありとあらゆる職人さんがいる静岡市。私の仲の良いお得意様には籐職人の女の子がいます。彼女の家の近所には椅子の張替え師さんがいます。とっても便利ですね。箪笥などの家具や駿河雛・雛道具も有名です。漆器・蒔絵・竹細工・指物・下駄も特徴的な品物が多い。

また静岡県はお茶の産地。花の産地でもあります。←これは気がつきませんでした。最近は切花よりも地元の方が自作の花々を分けて下さるので。そういえば平成16年には「浜名湖花博」も開催されましたね。

実は私自身、見本市やギフトショーにも行きますし、積極的に地元のものを取り入れようと探しているのです。しかし、なぜ静岡の伝統工芸品を備品に採用していないか改めて考えました。
「価格が高い」イメージがある。繊細過ぎて実用に耐えうるものか心配。あまりに昔の伝統工芸そのままを持って来ても、宿の中で浮いてしまうので、多少現代風に変化を加えたほうがなじむ。それぞれの作品を知る場所が無い。以前見本市で見かけたが、価格が高かった(多少割高でも地元のものを使おうと心がけても、それの予想を超えて価格が高い)。

昔の旅館はお金持ちで装飾に費用をかけられたでしょうが、このご時勢です。なかなか難しいですね。伝統技術も生かしつつ、もっとリーズナブルで一般の人が買える価格ぐらいの製品も作ってくれれば「宿で採用するのはもちろん、お土産としても販売できるのに」といつも考えてるのです。

宿は多くの県外の方が来る場所です。私共もなるべく「天城・中伊豆の特産品のわさび」とか「由比の桜えび」など、意識的に地元の素材を利用し啓蒙活動を含め宣伝に努めています。その方がお客様も喜ばれます。それにはやはり地元の生産者の方のご協力があって、成り立っているものと考えています。工芸品を作る方々にもぜひご協力頂けたら、ありがたいですね。

静岡県産業課では、次はこれらの地場産品を集めて見本市を開く予定とか。もう少し早く考え付いて欲しいとは思いましたが、ぜひぜひ参加したい、早く実現するよう待ってます。

天城の秋はけっこう賑やか

自宅と旅館とは500メートルほど離れているのですが、先日道路を横ぎるモノを見かけました。「あっ!あれリスだよ!」と社長が言ったので見てみると、まぎれもなくしっぽふさふさのリスです。
こうしてみるとけっこう付近には小動物が生息していますね。昔はうちのベランダでこんな写真が取れました。

1874-うさぎ
あの後姿は…うさぎですね。ベランダにあった水を飲みに来てました。うさぎ、いるんだ…用心深いのでめったに遇えませんが。

自宅の北側は山に面しているのですが、いのししは目があまり良くないのです。「がさささっがさっ!どしんっ!ごそ、ごそごそ!」と、夜中自宅の北側の壁にたまーにぶち当たって逃げていきます。鹿は山に食べ物が不足してくると、民家のすぐ近くまで堂々と来てしまいます。彼らが一番ふてぶてしく「なに見てんのよ!」状態でこちらを見つめ返してきます。

あとたぬきやハクビシンもいます。キジも鳴いています。けっこう賑やかです。山に入ると出会えるのではないでしょうか?ハイキングもおすすめですよ。

創作会席【天城越え十八品~名月の膳】秋のメニューご紹介

戸田港の赤座手長海老はもちろん駿河湾特産の桜海老も地元を味わうとっておきの素材。さか屋名物「養珠庵ごま豆腐」はくるみ風味。いよいよ出ます!先椀は夏の名残のはもと秋の走りのシメジ・春菊で「満月椀」を。板長渾身の出汁が胃に染み渡ります…。焼き物は「秋刀魚の竜眼焼き」太ねぎに秋刀魚を巻きつけて焼くことで、秋刀魚があっさりとした上品な雰囲気に。おしのぎはなんとこの時期限定【ほっくほく鮭ごはん】季節の鮭をお出汁と一緒に目の前で炊き上げます。
2309_桜えび鍋
【天城越え18品~名月の膳】献立の一部
一、名物養珠庵ごま豆腐~くるみごま豆腐
一、「駿河湾造り~秋あしらい」
西伊豆戸田港赤座手長海老・カンパチ・帆立・その他
一、目前で炊き上げる「ほっくほく土鍋鮭ごはん」
一、駿河湾特産「生桜えび鍋」さか屋風
一、一口甘味「梨ばばろあ」あんぐれーずそーす

この他こちらのコースには
一、豚肉赤ワイン煮を素揚げしてきのこあんを「南蛮煮」
一、揚げもの  など特別料理が付いています
1862-鮭ごはん

風も冷たく…10月のお楽しみ★小阪みかん狩り

もう10月ですね…秋は美味しいものがいっぱいになる時期。これからの観光には美味しいものが食べられたら、なお最高ですよね。

静岡はみかんが有名ですが、伊豆でも幾つかみかんの生産農家があるんです。はとバスツアーでも人気のみかん狩りスポットなんですよ。愛媛みかんみたいにあっまーいみかんじゃないけど、適度な酸味が美味しい素朴ななつかしいみかんです。
みかん~1
おみやげつきでも900円、もぎ取りを楽しむならたった400円で食べ放題(!)なんて、適度なレジャーですし、オススメです!

B級ご当地グルメの祭典★B-1グランプリで!

第4回B-1グランプリ横手大会が9/19と9/20の両日、秋田県の横手市で開催されました。地元の気軽なご当地グルメとして人気の料理がずらりと26団体参加します。
1876-富士宮やきそば
静岡県ではいわずと知れた「富士宮やきそば」と「すその水ぎょうざ」「静岡おでん」「袋井宿たまごふわふわ」「浜松餃子」「三島コロッケ」と6団体が参加。どれも200円~500円程度で購入でき、来場者が実際に食べて気に入った料理に使用済みのハシで投票。ハシの重さで最も重かった料理がグランプリになるそうです。

今回の秋田県横手市での結果は?速報!!

第1位   横手やきそば
第2位   八戸せんべい汁
第3位   津山ホルモンうどん
第4位   あいがけ神代カレー
第5位   厚木シロコロホルモン
第6位   裾野水ぎょうざ
第7位   黒石つゆやきそば
第8位   三島コロッケ
第9位   各務ヶ原キムチ鍋
第10位  富士宮やきそば

(大会主催者発表による上位10位まで発表、11位以降の発表は公表せず、各特別賞を授与)

ま、地元は一番強いよね?でも、静岡県勢も健闘しまして、なんと3団体が入賞を果たしました。意外に「すその水ギョーザ」が人気ですね。いつも惜しいのは「八戸せんべい汁」常に2位なので、かなり支持があるのでしょう。伊豆では最近「三島コロッケ」の活動が盛んになってきていまして、一度食べなきゃねと思っているのですが、これからなのです。その際はご報告を(笑)。

このイベントなんと2日間で267,000人の動員があるのですよ?!しかも年々増えています。これからは気軽に食べられるB級グルメ、しかもご当地のこだわりがあるものが人気なのかもしれませんね。
1871-静岡おでん
ちなみに御宿さか屋でもご当地グルメ「静岡おでん」をさか屋風にアレンジしてお出ししていたのですよ。今年の秋は復活するかしら?

さか屋の秋のメニュー・・・梨のババロア

シルバーウィークって初めて聞きますが、まぁこういう並びもあるって事ですね。次は2015年とか。連休は当分来ないみたいです。が、この時期連休があるのは、旅館業としてはありがたく思っております。

今年は夏があっという間に終わってしまい、8月後半は海側が人気でした。海はやっぱり夏を感じさせるものですね。そしたら秋はやっぱり山あいの田舎の宿でほっこり…がオススメです★

天城・中伊豆の良いところは海まで30分の好立地にありながら、なおかつ山に包まれた地区であること。海の幸も山の幸も両方よくばれるのが、良いところ♪わさびと言う最高のスパイスを得て、食文化的には最高の条件ですよ?
1870-会席甘味
会席コースの最後に口直し★梨のババロアです。ごつーい板前がちまちま作ってます♪美味しいですよ

秋のメニュー★美味しそうに変わりました

一年で一番美味しそうなこの時期…。創作会席の秋メニュー始まりました!
1864-会席前菜
秋の前菜は「ふきよせ」松茸・ぎんなん・きぬかつぎ・むかごよせ…秋じゃなきゃ!という素材がこれでもかとのっています。
1865-会席酢の物
酢の物はウチの調理長がこだわるところ。鯖を菊花に巻きつけて、上にはなすの翡翠よせがきれい。
1866-会席焼物
「秋は秋刀魚」ですが、さか屋の秋刀魚はふとねぎに巻きつけて「秋刀魚の竜眼焼」に。葱の甘みと油がちょうど良くさっぱりと食べられます。量が多くないのも良いです
1867-会席満月椀

先椀は夏の名残のはもと名月を模した玉子豆腐の「満月椀」。春菊が月に棚引く薄雲のよう、こうなると一枚の絵ですね。これも味わい深い一品です。

こちらは創作会席のコースの一部です。

露天風呂付き客室の楽しみ・・・

肌寒くなりいよいよ温泉シーズンに突入です。さか屋にはいろんなお風呂もありますが、やっぱり贅沢なのはお部屋に露天風呂があったら良いですよね。
1868-露天付き一般室

お部屋露天の良いところはやっぱり源泉100%かけ流しを独り占めできること。時間を気にせず好きなときに好きなだけ入れること。ですかね~?

美味しい料理でお腹が満足して一休みしたら、ざぶんと湯に浸かりながらお月見も最高でしょうね?冷えた地酒やサイダーなんかも用意して、のんびりゆったり…。夜もいいのですが、景色を満喫するなら夕暮れ時や明け方もおすすめです。
1869-露天付き一般室
今なら緑を満喫できる、最後のシーズンです。この後は山が染まり始め、紅葉風呂は11月ですね。楽しみです。

新登場!伊豆・海と山の鍋対決★桜えび鍋&いのしし鍋【Wなべプラン】

新プランシリーズ♪
最近はすっかり夜の寒さが定着しましたもんね。こうなれば、やっぱり鍋ですよ、鍋。秋冬の天城の郷土料理と言えば味噌仕立ての「いのしし鍋」。猪が山のものなら、さか屋の海の鍋は、桜エビ独特の出汁が効いて旨みたっぷり由比の漁師鍋「生桜えび鍋」。どっちも劣らず人気なので、両方つけちゃう欲張り企画です♪

2009年9月
« 8月   10月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
インターネットで宿泊予約ができます。

アーカイブ