伊豆天城吉奈温泉 御宿さか屋 ~ブログ~伊豆のほほんだより

伊豆天城 吉奈温泉 さか屋 伊豆のほほんだより

「2013年01月」の記事一覧

熱川の魅力再発見!熱川温泉かかりつけ湯プレスツアー(4)

熱川のかかりつけ湯のお宿さんは面白い宿が多い。型通りの紹介はいろんなところで見られるので、私VIEWで見たお宿の魅力を紹介します。

ゲストハウスつくし館 さんのご主人は今日本ミツバチにはまっている。この方面白い方で、お面を作成するのです。900点もあるのでぜひ一見の価値あり。
3704-熱川.jpg
椿もお好きで、いろんな種類を育てておいでです。椿愛好家のウチの母の為に1本頂いてしまいました。

玉翠館 さんは一杯お風呂があり、温泉通にはたまらないでしょう。砂風呂や椅子型ハーブサウナなど変わったものから正統派まで揃っています。

私が気になったのは、この着物を着たねこ!ちゃんと扇子も差して、はさみ箱も胸に入れてます。とっても凝ってます!
3717-ねこ.jpg
玄関に入ると着物姿のお人形がちんまりと座っています。
3722-女の子.jpg
今度はかわいいうさぎ!どの子も盛装してるんです。かわいい~持って帰りたい!
3723-うさぎ.jpg
これらはなんと女将さんによる手作りのものだとか。素晴らしい腕前です。一見の価値あり。

玉翠館さんにおみやげで温泉卵を頂きました。これまたおいしいのです。
3755-温泉卵.jpg
帰りの電車の中で頂きました!

2/11(日)~2/13(水)はコンサートを計画中

御宿さか屋の親類でもあり、以前からお世話になっていますフルーティスト 野津臣貴博氏と仲間たち(仮)がコンサートを開催してくれることになりました。
大阪フィルで現首席フルート奏者の野津臣貴博さんは、海外でも広く活躍されているフルート奏者で、すてきなお話と共に素晴らしい音楽をわかりやすく紹介して下さる音楽家です。今回は野津さんのお仲間と一緒にさか屋にてコンサートをして下さると、お話を頂きました!
今回のコンサートは外からの地元のお客様も受け入れるつもりなので、どこまでをオープン・クローズにするか日程検討中ではありますが、ご宿泊者様はすべての日程参加可能となりますので、事前にお知らせいたします。
以前のブログはこちら⇒さか屋と野津臣貴博氏
nozumikihiro.jpg
野津臣貴博HP

■■■野津臣貴博氏と仲間たち(仮)コンサート■■■
出演:野津臣貴博(フルーティスト) ほか5名 日程:2013年2月11日(月)~2月13日(水) 時間:20:30開演予定 料金:もちろん無料 ※上記3日間のうち外部からのお客様を受け入れる日程を選びます。まだ未定。
●野津臣貴博(フルート)● 沼津市出身。桐朋学園大学、英国王立音楽院首席卒業。アメリカ・エール大学大学院に奨学金を授与され入学。1990年より5年間フィンランド・ラッペーンランタ市交響楽団の首席フルート奏者を務め、ワシントンD.CでのNFAフルート・コンクール第二位受賞をはじめ、内外の国際コンクールに入賞。1990年と1991年PMF参加。これまでにソリストとしてフィンランド、イギリス、アメリカ、ポーランド、ドイツ、イタリア、ハンガリー、ルーマニア等に招かれ、2004年にはフィンランド・ラッペーンランタ市交響楽団の定期演奏会にて「尾高尚忠フルート協奏曲」をフィンランド初演。また指揮者としても活躍する。現在、大阪フィルハーモニー交響楽団首席フルート奏者。相愛大学、大阪国際滝井高校、ドルチェ・ミュージック・アカデミー各講師。イギリス・ストラトフォード国際フルート音楽祭招聘講師。日本フルート協会理事。

熱川の魅力再発見!熱川温泉かかりつけ湯プレスツアー(3)

熱川らしさを探してふらついてると、意外なところに面白いモノ発見!お宿の送迎車ですね!
3661-熱川.jpg
3663-熱川.jpg

そして熱川はやっぱり温泉湧出量がハンパないのです。いたる所に温泉やぐらが立ち並び、常に温泉が噴出し続けています。これは温泉情緒をかきたてますね。

中には本体のやぐらの前にミニ温泉やぐらを設置、こんな風に「湯釜」にして温泉卵を作れるところもありました!おもしろいでしょ?
3681-熱川.jpg
こちらの湯だまりにはとてもきれいな湯の花が!源泉も澄んできれいです。この湯の花、なんと3日前に掃除して取り除いたばかりとのこと。スゴイです・・
3712-熱川.jpg

そして熱川と言えばやっぱり「高磯の湯」でしょう!

3645-熱川.jpg
夜明けとともに見に行ったので、寒い!ここは男女別に湯船があり、波打ち際でお風呂に入れます。いかにも海の温泉と言う情緒が盛り上がりますね。
3653-熱川.jpg
冬場は入浴料600円ぐらい。夏には併設されているプールにも入れて750円だったかな。

お天気が悪く日の出も見られなかったのですが、遠くに陽が差してきました。
3670-熱川.jpg
天使が下りてきそうな日差しです。海は相変わらずざっぷ~んっとしてました。
3679-熱川.jpg

熱川の魅力再発見!熱川温泉かかりつけ湯プレスツアー(2)

熱川一柳閣 さんはお風呂にこだわってます。
貸切が4カ所に大浴場が2カ所もあり、なかなか回りきるのも忙しそうで楽しみです♪と言いつつも、実際入った時間帯は全て夜のため写真が上手に撮れませんでした。

どんなお風呂だったか、これは本当に素晴らしかったですよ。貸切もそれぞれに個性があって、素材もタイル貼りや木製のものもあります。貸切露天とは言え、雨が降っても大丈夫、屋根つきです。

申し訳ないので、お料理の写真を少し。「伊勢海老とキンメのしゃぶしゃぶ」これは贅沢ですね~
3642-熱川.jpg

そしてカップルやファミリィを重視するというコンセプトのため、個室?個別食事処になっています。元々大きな宴会場だったところへ、竹で柱を作り仕切って布と竹すだれで個室風に仕上げました。
3695-熱川.jpg
これは興味ある宿関係者の方多いのではないでしょうか。
3696-熱川.jpg
見事でした。
3697-熱川.jpg

明けて朝食のお膳です。
3686-熱川.jpg
このお味噌汁見て下さい!この伊勢海老は味噌がしっかり付いていて本当に美味しかった・・・
3688-熱川.jpg

熱川の魅力再発見!熱川温泉かかりつけ湯プレスツアー(1)

当館も参加している「かかりつけ湯」。かかりつけ湯とは「【健康増進と癒しのサービス】を共に提供し、温泉と健康を観光の目的」という一つの理念のもと集まったお宿の組織です。特に利害関係もなく、地域で区切っているわけでもない為、比較的自由な「伊豆全体」の俯瞰が出来る場所だと私は思っています。

事務局が積極的に動く組織でもあるので、次々に勉強会を投げ込んできます。中でも一番気合を入れている?のはこのプレスツアーでしょう。その温泉場の良いところをバンバン入れ込んで、地域の魅力盛りだくさんなのです。おかげで大変勉強になることが多いんですね。

今回は熱川温泉。仕事が間に合わず、熱川ハーブテラスでのお香づくりから参加です。精油とお香の元を混ぜて、作ります。しばし小学生に戻った気分でねりねりねりと・・・おもしろかったです。

そして地域のお茶うけと言えば「へらへら餅」。今回は山桃茶屋の「へらへら餅」を頂くところから写真つき。いろりがあるだけでなんかほっこりします。山桃茶屋は素晴らしい建築物なので、ぜひここでお茶することをおすすめします。
3618-いろり.jpg
さて、へらへら餅とはこれだ!もち粉とうどん粉をまぜて作ります。上からごまだれをかけて熱いうちに食す。食べた感じは「すいとんの薄いもの」と言った感じ。添えられた漬物が美味しかった。特に白菜。
3624-へらへら餅.jpg
なぜへらへら餅と言うかは、調べてみて下さい。地元の方々が農作業の合間に作って食べたそうです。

さて本日のお宿は「熱川一柳閣」さん。ステキな外観です!
3682-熱川.jpg
私が最初に一柳閣さんを知った頃は、確かバリとか南国風のアレンジをされてるお宿だったと記憶してますが、現在はまた改装され「和風」に戻されたとのこと。とても良い印象です。

2人で泊まりましたが、お部屋には低いベッドが設置されてます。
3629-熱川.jpg
「着替えたものを入れておくのが、なかなかないのよね~」とこれは好評でした。女性目線で使いやすいのだと思います。
3631-熱川.jpg
今後のリフォームの参考に。1枚の天板に下がむき出しでも洗面ボウルがおしゃれなものなので「イイカンジ」にまとまります。
3635-熱川.jpg
髙さもこれくらいあれば、男性でもOKですね。小物もすべてそろっています。
3636-熱川.jpg
そして!なんと!客室露天風呂が付いていました(内風呂はナシ)。すごい!
3693-熱川.jpg
ちょっと面白いのですが、陶製の白い湯船に木製の枠をかけてあるのです。良く出来てる!一柳閣さんもそうですが、意外と温泉街に宿がひしめき合っているので、眺めが抜群とか、海が一望という訳にはいきませんが(見られちゃうしね)「カップル」や「ファミリー」のお宿というコンセプトにはぴったり。
3694-熱川.jpg
お茶のセットもこんな風におしゃれに置かれていました。パックのお茶ならゴミも出なくて良いですね。最近お茶っぱでお茶を入れる人が激減してますから、これでも充分かも。

雪の河口湖

なぜかいきなり河口湖町!先日の雪はそのまんま残っています。富士山でかっ!ちいさなわんこ(こども)が庭かけまわってました・笑
3606-河口湖.jpg
あんな薄着じゃかぜひくよ~!

新年の浅草寺あるき

実はお誘いを頂きまして、新年の浅草をぶらりとしてきました。

実をいうとほんとーにぶらりでした。この写真時刻は朝の9時、仲見世商店街はだいたい10時開店のため人がいない!歩きやすっ!まずはゆうゆうと参拝です。
3578-浅草寺.jpg
仲見世商店街をちょっと外れて歩いていたら斜め上から視線を感じ、見上げると屋根の上に「白波五人男」が居たっ!
3582-浅草寺.jpg

10時前の仲見世はやはり通常のお客様ではないらしく、外国人と修学旅行生ばかり。少しずつ開店しだした商店街を覗いていくと、いつの世も同じなのか…男子中学生は木刀で盛り上がってました・笑
もちろん面白そうなおみやげも!おせんべいが小判となっておみやげにピッタリ。ちなみに現ナマは入っていません。
3591-浅草寺.jpg

これは私もちょっと欲しかった「干支の飴入り獅子舞」ちゃんと巳年のお年玉袋を加えてます!かわいい!
3588-お正月.jpg

雷門をくぐるのは2度目かな。実は浅草寺の裏側から入ったため、図らずも雷門の後ろをじっくり見ることになったのですが、そこにおいでの像がなんとも人間的な表情なのを発見!ファンキィおやじみたいな笑顔がかわいいね。
3592-浅草寺.jpg

朝の10時前なので人通りもこの程度。早めに来て参拝してから、商店街めぐりも良いかも知れませんね。
3594-浅草寺.jpg
この後、新年まだ食べてなかったので「花びら餅」をにしむらで。浅草だからと飲めないのに「電気ブラン」・やげん掘りの「七味昆布」を買いました。本当は手ぬぐいの藤屋さんや和紙のお店も行きたかったなぁ。

なんとバスが10時に出発でしたので、ほんとーに「ぶらり浅草」でした。次はヨシカミでランチが食べたいなぁ・・・

1/26(土)と2/2(土)は土曜日スペシャルディ★お得価格です!!

今週と来週は気候も1年で一番寒い「大寒」の頃。こんな時は温泉に浸かって温まるのが最高ですよね。更に美味しいものを食べて心も身体もあっためちゃってはいかがでしょう?
1/26(土)と2/2(土)★土曜日スペシャルディ★とってもオトク価格にしちゃいます。
特別室・広縁_0177.jpg
中でも特にお得なのは「特別室」でしょうか。通常土曜日は27000円からなのですが、
伊勢海老付きのフルコース・フルサービスで24500円
ぐぐっと料理を減らしてお部屋だし可能の1名半額プランで19800円
の2タイプから選べます。限定3室・平日のお値段に!これはとってもオトク!おすすめです。
特別室・503-1_1600.jpg
特別室・502_1594.jpg
今からの時期はいちご狩りもおすすめです。ぜひどうぞ!
一般室は14700円〜19950円もあります。
***************************************************************
創作会席&一般室は以下のプランです。
創作会席【天城越え十八品プラン】19,950円
軽め会席にキンメ付【謝恩★特別会席プラン】17,850円
岡本太郎気分に浸るなら?気軽な大名焼プランは以下のプラン
日本流ジビエを食す!【カニ&大名焼+キンメ付きプラン】17,850円
さか屋イチのお手頃価格【2月の大名焼★謝恩プラン】14,700円
天城の秋冬の旬が始まりました!滋味あふれるイノシシを堪能★
おまけ桜海老の掻揚げ付【期間限定★カニ&猪鍋プラン】17,850円
伊豆・海と山の鍋対決★桜えび鍋&いのしし鍋【Wなべプラン】 15,750円
***********************************
★平日がぐっとお得になってます!宿泊プランはコチラ★
↓参加することになりました。よろしければ押して下さいませ
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】ブログランキングranQ

東横インに泊まってみました

朝早くに用事があったので、3年前に三島駅に出来た「東横イン」に泊まってみました。業界NO.1のビジネスホテルとはどういうものかと、勉強も兼ねてワクワクしながら22時ごろ三島駅に。

23時過ぎにチェックインするとお安くなると言うので、ちょっと待ってからIN。平日ですが満室に近いらしい。
3569-東横イン.jpg
フロントやスタッフが皆さん女性なのは有名ですが、やはり感じは良いですね。夜ビジネスホテルに入ってくる女性にとっては、ホッと安心するんじゃないでしょうか。女性客の場合のみ、おまけアメニティが①シャンプー・リンス・ヘアバンド②パック③フレーバーティの3種類から選べます。

ポット湯沸しに粉末煎茶と梅こぶ茶。ふつうのビジネスホテルと違う所は「洋服クロークがない」事かな。その分スペースが広くなって、洋服かけは壁にそのまま設置してありました。
3572-東横イン.jpg
実はずいぶん前に東横インは利用したことがありましたが、印象がかなり違います。壁紙やカーテンも明るめな色を使って、かなり女性を意識しているのがわかりました。アメニティは全てフロント配布なので、清掃係は余計なものを置かなくて済みます。

本当は無料の朝食というものを食べてみたかったのですが、5時台の出発で叶わず。でも5時50分にはコーヒーとトーストは用意されていました。すごいなぁ。特に楽しみもないけど機能性と清潔感を追求するなら充分です。とても勉強になりました。

伊豆の美味しいもの・番外編~川崎・岡本太郎美術館近く とんかつやまと

川崎・岡本太郎美術館は生田緑地の中にあります。今回は小野佐世男展に出かけました。もうすぐ3時をまわろうというのに、結構人が入っていきます。
3562-小野佐世男展.jpg
岡本太郎美術館様にはいつもご案内を頂いているのですが、昨年まではなかなか出かける余裕がなかったのです。しかしこれからは、このようなご縁も大切にしようと誓ったのであります。

という事はこの美術館にはこれからもかなりの回数通う事になると思うので、周辺も開拓しておかなければ!と早速今回はご飯場所も調べて行ったのです。なにしろ刺身好きの父なので、今回は「とんかつやさんなのに美味しい刺身が出てくる」という不思議なお店情報をキャッチしたので、出かけてみました。

岡本太郎美術館の最寄りの駅は小田急線「向ヶ丘遊園駅」です。その北口から300メートル川崎市多摩区区役所の後ろに位置する昔ながらのとんかつやさん 「やまと」 です。

驚くべきはそのお値段と品質!お昼とは言えコスパが良い!!周辺に何があるわけでもないので、多分知っている人が入っていきます。

そしてこのお刺身!!なんじゃこりゃ~!肉厚のお刺身がばばんと。サザエまでついてます。
00112-向ヶ丘遊園・やまと.jpg
サービスランチ(刺身定食・800円)+ごはん・香の物・お味噌汁付き

私はお刺身はそれほどでもないので、カキフライとヒレカツ定食これで850円!
00114-向ヶ丘遊園・やまと.jpg
サービスランチ(カキフライとヒレカツ定食・850円)+ごはん・香の物・お味噌汁付き
とっても満足なお昼でした。
やまと(向ケ丘遊園駅から280m)
川崎市多摩区登戸1831-4
044-900-2977

これからも向ヶ丘遊園駅・登戸駅・宿河原駅あたりの食事情報は集めたいと思います。おすすめのお店があったら教えて下さいませ!

岡本太郎美術館はミュージアムショップが面白い!特におすすめはこの海洋堂の【アートピースコレクション】1回300円と言うお手頃価格で精巧なミニチュアが手に入ります!
00117-岡本太郎美術館.jpg
コンプリートしないと止められないのがミソ。

2013年1月
« 12月   2月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
インターネットで宿泊予約ができます。

アーカイブ