伊豆天城吉奈温泉 御宿さか屋 ~ブログ~伊豆のほほんだより

伊豆天城 吉奈温泉 さか屋 伊豆のほほんだより

「2018年09月」の記事一覧

一日も早く日常が戻りますように

このところ続く台風や地震。被災された方々には心よりお見舞いを申し上げます。
もう日本全体が「災害大国」であることを否定できない。私共も昔から地震・台風による被害が多くありましたので他人ごととは思えません。一日も早く皆様が日常に戻れるようお祈りしています。

流れる映像を見ていると当地と重なって見えてきてしまいます。いつも考えるのは「もしここで災害が起こったらどう安全を確保するか」「その時何ができるか」想像力は常に必要ですね。

最近特に考える事がいくつかあります

1)被災者の避難場所や仮住宅をより安全で過ごしやすいものに。
こんなに災害があるのだから一時的に体育館や小学校も必要ですが、迅速に安全な既存空き住宅や宿泊施設に被災者を割り振るべきなのではないか。いざ災害が起こった時にのために事前に「住宅関係者・宿泊施設関係者が受け入れ可能情報を一元提供→それを取りまとめて行政が被災者に紹介する」というような仕組みを作っておく。仮設住宅を作るより一時住宅や宿泊施設に移った方が資金的にも軽減されると試算されています。
このマニュアルなどは未だ構築されていない。できそうなのに今回の中国地方豪雨災害でもスムーズに事が運んでいないらしい。安心して眠ること入浴することが心と身体の回復には必要だと思う。

2)地元の経済活動を活性化させる。
被災地が回復するにはまず経済が安定しなくてはならない。日常を取り戻すためにスーパーや小売店・飲食店・会社などが営業を早期再開できる仕組み。その為には現地は被災して大変だと思うが、比較的被害の少ない周辺地域の経済活動からでも積極的に回していく努力が必要かと思う。資材や商品をなるべく現地企業に扱ってもらいたい。
そしてもう一つ。状況が良くなったらぜひ現地に旅してほしい。風評を気にせず被災地を応援してほしい。伊豆は何度も地震がありその度にダメージを負いました。しかし救って下さったのはやはりお客様だったのです。あの時の気持ちは今でも胸が苦しくなり熱くなります。

昔は「地震は伊豆の代名詞」ぐらいの勢いでしたが、阪神大震災以降何かの蓋が開いたかのように多くの災害が活性化している状況です。日本のどこかの場所で常に何かは起こる「災害大国」であることを自覚して、お互いに助け合うことが何よりも大事なのだと思います。

*******************************************************
伊豆天城 吉奈温泉源泉かけ流しの湯 御宿さか屋0558-85-1100
http://www.yoshina-sakaya.co.jp/

2018年9月
« 8月   10月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
インターネットで宿泊予約ができます。

アーカイブ