「2020年03月」の記事一覧

山に行く時はフル装備で!気軽に行ける山歩きの危険

天城は山に囲まれた森の町です。特に天城山は【日本百名山】でも関東圏で1日で登れる気軽な山。毎年多くの方が山へ向かいます。初心者向けの気軽なコースがある一方、やはり寒暖差の激しい山なので危険も多くあります。

昨年同時期1月にあった事件について書いておこうと思います。
70代のご夫婦です。マイカーではなくJRとバスでの旅。
当日朝9時の天城山の温度はマイナス7度でした。

午後4時過ぎても電車でお越しのお客様が到着しない為電話をしたら天城山の二本杉峠に!午後4時を超えて「迷っている」とのこと。日没も近く慌てて天城観光協会にいる山岳ガイドの方と電話を代わってもらい、下山ルートを説明し下山開始。

当館からは15キロ以上離れている待ち合わせ場所の旧天城トンネルに午後5時半過ぎても現れない。真っ暗の中で連絡を取るとお客様は場所を間違えておりやっとピックアップして6時半過ぎに宿に到着した。

幸運だったのはケータイが通じた事。伊豆山中ではソフトバンクだったらアウトです。そして山岳ガイドと連絡が取れたこと。当館から電話して日没直前に発覚し日没直後に会えたこと。いくつもの偶然が良い方に重なりました。

状況的には明らかな遭難事件ですが警察と消防に連絡するギリギリで回避できました。しかし周囲の人間が大騒ぎをしていた現場にいなかったからか、当事者本人に「コトの重大さ」の自覚が全くない。「ちょっと山で迷っちゃって迎えに来てもらった」ぐらいの感覚で、迷惑をかけた観光協会や山岳ガイド、山で待機した当館スタッフ、送迎距離の範疇を越えて迎えに行ったことなど、ご自身が遭難したことが全く分かっていないようです。もちろん当館は宿泊料を頂いても赤字です。またお詫びもお礼もご本人からはついに聞くことはありませんでした。

お金の問題もありますが、それより「本人に迷惑かけた自覚がない為今後も同事件が発生しかねない事」が問題です。どう言ったらいいか。

もし電話が通じなかったら?一応ザックはあるがあまりにも軽装、宿への交通手段をどう考えてたか?田舎の日没後はキケンという意識は?日没後に消防の山狩りは出動してくれるのか?極寒の時期に夜明かし?全てがあと少しで死に繋がったのを理解しているか。

この事件は警察や消防に報告するか?朝食後にどちらかを呼ぶべきか。そう考えていたのですが、翌日はバタバタしており警察に連絡できませんでした。お客様の出立時に口をすっぱくして「大変な事件になるところだった」といって聞かせましたが、「なぜそんなことをいうのか」という風で特に奥様は全く気にしていない。というのも奥様だけ一応山登りの恰好なのです。しかし旦那様は普通のコートに運動靴にリュック(これではかなり危険)。これ以上当館が何を言っても無駄のようでした。

 

後日いろいろな方からアドバイス頂いた点は
1)事後でも各機関に報告し遭難事件として扱ってもらう。
今回は幸運にも連携が上手くいき無事だったが本来は遭難事故なので、もし不幸な結果になっていたら警察に連絡しなかった宿や山岳ガイドが責められる結果にもなりかねないとのこと。
2)報告し調査が行くことで本人に「危険行為であると自覚を促す」機会にもなる。
3)もちろん今後同様の状況に遭遇したら「迷わず警察と消防に連絡を」。
4)発生した費用は基本的に本人負担であること。


本来なら楽しい山歩きですが、全くの普段着で出かけたり準備が足りないと事故につながる可能性があります。最近は軽装の高齢者ハイカーの事故も全国的に聞かれます。その原因は「自分が遭難するわけがない」という本人の過信によるもの。
どんなに親しみやすい山でも侮ることなく、万全の態勢で挑んでほしいものです。

しかし確かに山歩きは楽しいです!とてもきれいで生命力を感じる森の中は、リフレッシュに最適。しっかり準備してお出かけくださいませ♪

******************************************************
魚と地素材の創作会席を味わうなら以下のプラン
食いしん坊限定!創作会席【天城越え十八品プラン】22,700円
女将のおまけキンメ付き【がんばろう日本★軽め会席&女将のおまけプラン】 19,800円
日本流ジビエを楽しむなら以下のプラン
楽天トラベル全国一位!日本流ジビエ【カニ&大名焼+キンメ付きプラン】21,500円
≪新鮮野菜×肉×キンメ≫キンメおまけ付き【お手軽★大名焼プラン】17,800円
★土曜日もぐっとお得になってます!宿泊プランはコチラ  ↓ ★
*******************************************************
伊豆天城 吉奈温泉
源泉かけ流しの湯 御宿さか屋
0558-85-1100
https://www.yoshina-sakaya.co.jp