「し)ご夫婦・カップル向き」の記事一覧

河津バガデル公園の秋バラが見頃【秋バラまつり】

さか屋から車で約35分、天城越えして河津バガデル公園の秋バラが今見頃ですよ。
秋バラはみずみずしく華やかな春バラと違って、1つの枝に咲く花が少ない。だから、パッと見春に比べてさびしい感じがしてしまうのだそうですが、1輪1輪じっくり見てまわるには、秋が気候的にも適しているようですね。
また春に比べて注がれる水分が少ないので【香り】がいっそう芳しくなります。 バガデル・ばら‐0430.jpg 写真も接写がおすすめです。 バガデル・ばら_0425.jpg バガデル公園のブログにはこんな事が載っています

秋は少しマニア向け?なのかも。『秋のバラを見ずしてバラを語れない」という意味もわかる気がします。マサキは、ここに勤めてから7年が経過しています。
最初は春の華やかさに感動したものですが、ここ4−5年は秋のバラがとても美しく思います。春の場合は咲き誇るピーク時より、咲き始めのバラに心奪われます。
花びらの開き具合、つや、はり、色合いは秋はやっぱり綺麗です。 ついついカメラも接写ぎみになってしまいます。2009/10/23のブログより

バガデル・ばら_0419.jpg

バガデル・ばら_0423.jpg そういえば、今は亡き私の生け花の師匠に「あなたはばら好きだから、目を離すとバラばかり生けて困ります。もっと違う花材にしなさい」とよく怒られたなぁ…。 バガデル・ばら_0428.jpg

バガデル・ばら_0427.jpg だって、ばら好きなんですもの。しかたないですぅ…。 バガデル・ばら_0424.jpg 見頃はまだまだ続くそうです。しっとりとした大人の公園【河津バガデル公園】へお出かけ下さい!
【河津バガデル公園】HP

週末は【中伊豆ワイナリー】でランチ!

なんだかんだと忙しく出かけられないので、日常からのネタをひとつ。
私達宿泊業の一週間は土曜日を中心に動いているので、一番一息つくのはやはり日曜日のお客様を送り出した後です。時間はあまり無いけど、ちょっと気分を切り替えたい、そんな時に【中伊豆ワイナリー】のレストラン【テラスカフェ・カリフォルニァ】(?だったかな?そんな感じの)のブフェに出かけます
1907-ワイナリー
ここは料理学校経営が本体の「シダックス」(カラオケで有名)の志太会長が経営しているワイナリー。志太会長の故郷・中伊豆にカリフォルニァ「ナパ・ヴァレー」みたいなワイン畑を作るのが夢とのことで、このワイナリーを作ったとか。いつぞやの日経新聞の土曜日版のアンケートでは結構本格的な「良い小規模ワイナリー」として評価も受けていました。
1875-ジャム
【テラス・カリフォルニァ】に行くのには幾つか理由がありますが、ひとつは眺めですね。「富士山フリーク」の女将と社長は、暇があれば富士山が見える位置まで車で出かけ「ほら、女将さん。富士山、富士山」とご機嫌を取ります。晴れている日の【中伊豆ワイナリー】は富士山ウォッチングには最適!ウェディングも良く行われてます。

もうひとつは意外と野菜が美味しい事。東京など都会のブフェに比べたら今ひとつかもしれませんが、雰囲気を楽しみたいのと野菜が旨い。最近は少し改善して「6種類のアイスクリームバー」を設置してました。あのアイスクリームデッシャーって、大きすぎると全然取れなくて使い勝手がすこぶる悪い(当館で何度も実験済み)。

そうそう先日出かけた時は「新酒が出来ましたのでワインを1杯サービスします」とお声掛け頂きました。ステキなプレゼントですね。見習うところもあり、気分も一新できて、爽やかなランチを過ごせると思います。但し、このテラスブフェは週末しかやっていないので、ご注意下さい。他のレストランはいつでもOKですよ。

★中伊豆ワイナリー★

さか屋を支えてくれる【職人の手仕事】

さか屋の広縁にある椅子とテーブル。そのほとんどは40年以上前に購入した籐製のまろやかな懐かしい雰囲気のもの。現在の籐製品は主に外国製ですが、当時購入した当館の籐椅子などはもちろん国産品です。籐製品の良さは軽さと丈夫さ、そして少しほどけても職人にまかせれば修理が可能というところですね。

実は当館の昔からのおなじみ様に静岡の籐職人さんがいます。ご存知の通り「静岡」はお藩替えで江戸から侍達がやってきて、平和な世の中に仕事がなく職人仕事に転じて糊口を凌いだため、「静岡市」多くの職人の町だったのです。

こちらの「森乳母車店」さん。母娘の籐職人さんで現在は「籐の店MORI」をされています。私が生まれる前からのお客様ですが、当館の籐椅子たちもこの職人さんの手で修理再生してもらいました。それはもう見事なものです。この写真は4・5年前おふたりでさか屋に泊り込みで修理に来て頂いたときのもの。おふたりで何十個と椅子のほつれを直し、やすりをかけて、ニスぬりと、結構手間のかかる大変なお仕事でした。
森乳母車店-219.jpg
ちなみにおじいさんに当たる方は、自転車の前に子どもを乗せるカゴを考えて特許を持っていた位の知恵者です。

娘さんは結婚されてお子様に手がかかるため一時休業しておられ、吉奈温泉をこよなく愛してくださったお母さまは先日持病の為逝去されました。病気がわかってからも「子供の頃から遊んでいた吉奈で過ごしたい」と度々お一人で、又は娘さんご夫婦とお越し頂きました。まだまだお元気だと思っていましたのに、大変残念です。陽気で明るい方でした。

娘さんと私は年も近く、しかも同じ名前なので昔からよく遊びました。これからも従姉妹ぐらいのつもりで仲良くして頂けたらと思っております。腕の良い職人でもある彼女には、ぜひお仕事にも復帰して頂き、さか屋の籐製品は面倒見てもらおうと思っています。

皆さまもぜひさか屋の籐椅子に腰掛ける時は、このまろやかな座り心地、軽さ、弾力を感じつつ、こういう職人さんの手仕事があるのだと思い出して頂けるとうれしいです。

★静岡・籐の店MORI★

創作会席【天城越え十八品~名月の膳】秋のメニューご紹介

戸田港の赤座手長海老はもちろん駿河湾特産の桜海老も地元を味わうとっておきの素材。さか屋名物「養珠庵ごま豆腐」はくるみ風味。いよいよ出ます!先椀は夏の名残のはもと秋の走りのシメジ・春菊で「満月椀」を。板長渾身の出汁が胃に染み渡ります…。焼き物は「秋刀魚の竜眼焼き」太ねぎに秋刀魚を巻きつけて焼くことで、秋刀魚があっさりとした上品な雰囲気に。おしのぎはなんとこの時期限定【ほっくほく鮭ごはん】季節の鮭をお出汁と一緒に目の前で炊き上げます。
2309_桜えび鍋
【天城越え18品~名月の膳】献立の一部
一、名物養珠庵ごま豆腐~くるみごま豆腐
一、「駿河湾造り~秋あしらい」
西伊豆戸田港赤座手長海老・カンパチ・帆立・その他
一、目前で炊き上げる「ほっくほく土鍋鮭ごはん」
一、駿河湾特産「生桜えび鍋」さか屋風
一、一口甘味「梨ばばろあ」あんぐれーずそーす

この他こちらのコースには
一、豚肉赤ワイン煮を素揚げしてきのこあんを「南蛮煮」
一、揚げもの  など特別料理が付いています
1862-鮭ごはん

風も冷たく…10月のお楽しみ★小阪みかん狩り

もう10月ですね…秋は美味しいものがいっぱいになる時期。これからの観光には美味しいものが食べられたら、なお最高ですよね。

静岡はみかんが有名ですが、伊豆でも幾つかみかんの生産農家があるんです。はとバスツアーでも人気のみかん狩りスポットなんですよ。愛媛みかんみたいにあっまーいみかんじゃないけど、適度な酸味が美味しい素朴ななつかしいみかんです。
みかん~1
おみやげつきでも900円、もぎ取りを楽しむならたった400円で食べ放題(!)なんて、適度なレジャーですし、オススメです!